アロマ

2011年2月22日 (火)

気になってるもの

気になってるもの・その1

Smain

畳屋さんが作った畳の香り

3000円

HPによると、

長浜バイオ大学との共同開発で一年かけて生まれた画期的な香りです。国産畳の最高級品を分析し、試行錯誤の上生まれた畳の芳香スプレーです。畳の材料「イグサ」の香りは、日が経つとともに、なくなります。そういう時に、ワンプッシュ!!和風はもちろんのこと、洋風の部屋にも違和感なく使用できます。350ml入りです。芳香剤ですので、消臭効果はありません。

だそうです( ̄ー+ ̄)

気になってるもの・その2

0030350000292
アロマキャンドル・ヴォヤージュ芝

(voyagegrass)

3990円

HPによると、

雨上がりの野原の若々しい“い草”のグリーンハーブな香りです。

ハーバル系アロマキャンドルの代名詞的存在。

だそうです(* ̄ー ̄*)

そう、どちらも畳の香りなのですよ~

あぁ、気になる

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

インド香

こんばんは

今日はスコアの製本作業をしていたJ&Mです

糊がなくなったので、また買いに行かなくちゃ

先日、インドのお香を大量に購入しました( ̄▽ ̄)ヘヘヘ

Simg_0344

半分がサンダルウッド(白檀)系です。

やっぱり日本の白檀とは違ってインドテイスト

これらを1日1本焚いております

うっ、キ、キツイ・・・って香りから、幸せ~って香りまで色々。

またupしていきたいと思います。(って興味ないですか

ブライダルのお仕事で神戸の北野に週末になると行ってたんです。

あの辺りはインドの方がとっても多く暮らしてるんですよ。

あっ、お金持ちのインドの方ばっかりです

さすがは異人館界隈

インドの方とすれ違ったりすることが多くて、

そのたびに「あぁ~インドの香り~」って思ってまして

特に女性や子どもさんから香りがしました

このお香もインドの方から漂ってた香りの一つ↓

Simg_0340

パドミニ ドゥープ

パドミニ社のお香で、芯がないタイプです。

つまり、日本のお線香タイプです。

インドに住んでる方から頂きました

Simg_0342

なんと、お香立てがなくても、こんな感じで即席お香立てに

一度焚いてみましたが、紙のケースは燃えませんでした

このお香は焚かない方が好きだな~

甘くてパウダリーな香りがするんです。

でも、家で焚くとキツイ( ̄◆ ̄;)耐えられない・・・。

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

カリス成城

こんばんは

昨日、仙台の『カリス成城』へ行ってきました。

東北では仙台しかないそうなんですよね・・・ちょっと悲しい

J&Mはお線香の香りが大好きで、

ベランダでお線香に火をつけてちょっと癒されたりしてるのですが、

(家の中だと壁が汚れるのがイヤだから

インドのお香も大好きなんです~。

で、スチーマーやってる時にお香を楽しみたいのですが、

やっぱり煙はちょっと・・・。

で、昨日『カリス成城』でいろんなエッセンシャルオイルや

アロマオイルを嗅いできて、こちらを買ってきました~

Simg_0334

左:TECK&TOKKA(テッケ&トンカ)の香り

右:ヒバの香り

テッケ&トンカはフランスのESTEBANのもの。

アフリカをイメージした香りだそうで、

マダガスカルシナモン・ザンジバルクローブ・ナツメグ・

パチョリ・サンダルウッド(白檀)・トンカビーンズ・アンバー

が調合されています( ̄ー+ ̄)

トンカビーンズとは、桜餅やバニラに似た甘~い香りがする豆で、

これがテッケ&トンカのアクセントになってるのだそうです

フレグランス用のアロマオイルです。

ヒバはカリス成城オリジナルのもので、ヒノキ科の木です

ヒノキのエッセンシャルオイルは、

檜風呂そのものの香りで、丸くてやさしい感じ。

鎮静作用があるそうです。

ヒバの方は、ヒノキよりも強い&ストレートな感じがしました。

気分を高揚させて、集中力を高める効果があるそうです。

こちらは、エッセンシャルオイルなので体にも使えます。

J&Mが目指した香りは中近東の香り

インドのお香とか、バザールを思わせるあの香りです

単品ではなかなかピンとこなかったのですが、

この2つを同時に嗅ぐと、まさに中近東そのもの

(ヒノキよりヒバの方が骨太のような感じになりました)

さらに白檀を追加してもいいな~( ̄ー ̄)入ってるけど・・・。

Simg_0333

アロマポットやアロマライトよりも

香りを長時間持続して部屋中に拡散する、

アロマディフューザー・アロマブリーズNova Jillも購入

| | コメント (0)