« 久しぶりに | トップページ | 持久走 »

2015年11月19日 (木)

木5レッスン

クラリネットの先生。

クラリネットの音域の特徴をよく理解されているので、

どの音をどう吹くか・・・をいつも教えてくれるheart04

あと、タンギングの速さに毎回驚きshine

高音のダブルタンギング。

どうやってるんだろう?

今回のレッスンはホールだったので、

後ろの方で音量バランスを聴いていただくことができましたearnotes

木5のクラリネットの音量バランス、難しい|∀・)sweat01

|

« 久しぶりに | トップページ | 持久走 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

タンギングですが耳鼻科ドクタ−といろいろ研究しましたが学会で舌筋強化や速く動かす等々は一度も問題意識になった事はないと断言されました。 脳からの信号次第だそうです(泣)


速い方は普段から話し方が違いますし、遅い方は努力しだいで少しは向上しますが瞠目とは別と思います。


仲間達と何年かタンギングの有名なエチュ−ドを色んな角度から攻めましたが目立った成果はあまり、、宮城の全国トップ楽団やアマオケで 演奏する若い人は楽器持った時から速く特別な練習しなくともテンポ140で息が続くまで余裕です。
話しも速くてペラペラですよ(泣)(泣)

投稿: マイスターフォーク | 2015年11月22日 (日) 19時07分

マイスターフォークさん

そうなんですね!じゃあ、早口ことば、猛練習してみようと思いますsmilesign03

投稿: JM | 2015年11月23日 (月) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに | トップページ | 持久走 »