« 上毛かるた | トップページ | セミナー終了 »

2012年11月 6日 (火)

二大コンチェルト

チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と、

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を聴きに行ってきましたheart02

長女と一緒にね。

二女はパパとお家でお留守番sweat01ごめんよ~。

ヴァイオリンの先生の演奏会を聴きに行くのは、

今回が2回目sweat01

いつも行かなくてすみません・・・ヾ(_ _*)

お金がね・・・かかるので・・・2人分だと・・・。

ヴァイオリン・ソリストは、

2002年チャイコフスキー国際コンクールで最高位入賞の、

川久保賜紀さんshine

なんて哀愁漂う演奏なんだろう~と感動したJ&Mlovely

圧巻のテクニック!

そして、バツグンの音程感!

聴けて幸せでしたheart04

肝心の長女は、

先生を観察していた様子。

休憩後は、

超有名ピアニスト、清水和音さんのラフマニノフup

吹奏楽団の先生が昨年の夏、

「もうすぐサントリーホールで

ラフマニノフのピアノ協奏曲を全曲(4曲)一気に演奏するんだ。

すごい体力だよね。」

って話していたピアニストが清水和音さんだった。

その話を聞いた時点ですでに完売だったので

清水和音さんと先生の演奏を

聴きに行くことができなかった・・・。

でも今回、大好きな2番を聴くことができて幸せでしたっcrying

揉み手をしながらヒョコヒョコっと歩きながら登場した

清水和音さん。

長女は相変わらず先生の動きチェックに余念がない。

ラフマニノフ、

ロシアの大地を感じさせる広大で堂々とした演奏でした!

低音から高音まで鳴る鳴る!

鳥肌と感動で涙目になったJ&M。

観客の拍手は、それはすごかったdash

鳴り止まないってのは、このことね!ってくらい。

アンコールはピアノ独奏で、

ラフマニノフの春の奔流。

あの勢い!

すごい体力の持ち主だなぁと改めて思いましたfuji

長女は、非常にもったいないことに、

1楽章の途中から3楽章の冒頭まで寝ていたけど、

起きると体を前に乗り出して曲に合わせてハミングしだしたsweat01

慌てて口を塞ぎましたよcoldsweats02

分かるよ~、感動的な3楽章だもんねぇ。

演奏会が終わって長女に

ヴァイオリンとピアノとどっちがよかったか聞いてみると、

ピアノだそうです。

あんた、寝てたやん・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

要は、ピアノの方が大きな音で伸びやかだったって理由だそう。

楽器の特性上、

協奏曲ではピアノの方が断然華やかだもんねsweat01

で、ピアノ弾きたいって言い出したcoldsweats01

ハハハ・・・。

|

« 上毛かるた | トップページ | セミナー終了 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 上毛かるた | トップページ | セミナー終了 »