« 来週から | トップページ | 初ヴァイオリン »

2011年5月18日 (水)

ヴァイオリンとクラリネット

書きたいことが山のようにあるんだけど・・・。

まずは・・・長女が「ヴァイオリンをやりたい!!!」って

何度も言うようになったので、

そろそろ習い事をさせる時期かぁ~と思ったJ&M。

エアーヴァイオリンしてる長女を見てると、

本気かも・・・と思ったりnotes

以前は「大きくなったらクラリネットやりたい!!!」って

言ってた長女でしたが、

のだめのドラマや映画を見てから、

ヴァイオリンをやりたい気持ちがドンドン高まった様子(o・ω・)ノ))

なぜヴァイオリンのみが長女の中に飛び込んできたのかは不明・・・。

たぶんオケの映像がカッコよかったのかな?

長女曰く、

「○○(長女)はヴァイオリンで、ママはクラリネットで、

○○(二女)はピアノでのだめの曲をやりたい!」

のだそうですΣ(;・∀・)

のだめの曲とは、オープニングのベト7ではなく、

エンディングのラプソディ・イン・ブルーの方なんだって~。

だからピアノとクラリネットがいるのねflair

ヴァイオリンよりもピアノやクラリネットの方が

活躍してる曲だけど・・・長女的にはOKみたいΣ(;・∀・)

という訳で、

昨日はバイオリンを習ってる年長さんのママに

いろいろ情報を聞いてどこに習わせようかと思案中なのです|∀・)

個人レッスンのヴァイオリン教室に通わせるか、

ジュニアオケの初心者コース(グループレッスン)

に通わせるか・・・。

ジュニアオケはヴァイオリンを無料で貸し出しOKなんですって。

家に持って帰ってもOKgood

これは非常に助かりますよね~。

ヴァイオリンって分数楽器だから、

大きくなればなるほど買い換えないといけないのが

金銭的にネックなんだもん・・・( ̄◆ ̄;

一応対象は小学生からなんですが、

年長さんでもOKとお返事を頂いたので、

明日、ジュニアオケの体験レッスンに行ってみますdash

場所は吹奏楽団の練習場所と同じだったflair

ホールでレッスンだ~!

初心者でも響いて良い音色に聴こえるかもっ!

実はJ&Mもヴァイオリンをやりたくて、

先月にヴァイオリンを自分用に買おうとしたんですよねcoldsweats01

結局は買わなかったんだけどdown

というのも、

J&Mはオケでヴァイオリンをやりたいなぁと思って

2年ぐらいがんばって練習すれば何とかできるんじゃないかな~

と思ったんですが、

ヴァイオリンの教則本を見て衝撃Σ( ̄ロ ̄lll)

オケに入るレベルに達するには2年じゃ到底無理だろう・・・

と気付いたのですΣ(;・∀・)

音符が細かすぎるぞ~sweat01

で、「オケに入るにはやっぱりクラリネットしかない!!!」

と思ったJ&M(* ̄0 ̄)ノ

クラリネット枠は定員オーバーで募集停止が一般的なので、

いつかチャンスがあったらやってみたいですshine

そしてそして!

オケの必需品、A管をこの前買っちゃいました~(◎´∀`)ノ

クランポンのプレスティージュですheart04

シエナ・ウインド・オーケストラ(吹奏楽)のクラリネット奏者の方が

最高機種のトスカに買い替えるために手放したA管なんです。

Simg_3145_sp0000

吹奏楽にはA管は使わないんですけど、

室内楽とかソロで使用されていたみたいです。

楽器店でたまにレッスンされてるそうで、

その楽器店に行って試奏して買ってきました~。

やっぱり鳴りが全然違うのにビックリsign03

音色はものすごく暖かみがあるまろやかな感じ。

スラーもものすごくかかりやすい。

高音も軽々出る。

クラリネットの構造上鳴りにくい音も

シャーって音が全くしない!

っていうか、響く響く!

タンポは革タンポに交換している部分もあって、

これを参考にB管も革タンポに交換してもらおうかなぁと思ったりflair

新品のA管を育てるのは非常に大変なので、

プロが育てたA管を買うことができてとってもラッキーでした(◎´∀`)ノ

クラリネットのオーケストラ・スタディも昨日注文しましたよんbook

オケの曲の有名なクラリネット部分がチョイスされてる教則本。

プロオケやアマオケのオーディションで

課題曲となることが多いそうです。

音大生のレッスンでもやるのだとかschool

そうか、弦や管の友達はみんなやってたんだな・・・。

オケに入ることができなくても、

A管吹いて楽しみますっ◎

コレクションにもなるしね~♪(o ̄∇ ̄)/

|

« 来週から | トップページ | 初ヴァイオリン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来週から | トップページ | 初ヴァイオリン »