« 吹奏楽団・見学 | トップページ | 吹けるのかな・・・ »

2009年5月25日 (月)

音程問題解決!

こんにちはsun

クラリネットの音程問題が解決したJ&Mですcryingsign03

いやぁ、ただ単にJ&Mが無知だったのが原因でしたheart03

チューニングでピッチを合わせる時、

ピッチが高い時は、

今までバレル(樽)と上管の結合部分しか抜かなかったんです。

暑くなってきたので、最近はピッチがかなり高い状態にnotes

なので、結構抜いてたんですよ・・・それが間違いだったshock

そこを抜きすぎると、

上管のみの指使いで出す音がすごく下がるんですってdown

そうそう、まさしく昨日の状態sign03

低いドや、開放のソが異常に低かったんですwobbly

で、口をしめつけたり、浅目にくわえてピッチを高くしようとしても、

全然皆さんのピッチまで上がらないdanger

はぁ・・・原因がわかって本当によかったcrying

というわけで、

①バレルと上管の結合部分

②上管と下管の結合部分

③下管とベルの結合部分

この3箇所をバランス良く抜けば全体のピッチが合うのだそうsign03

開放のF(ソ)は、①で合わせる。

チューニング♭B(ド)は、②や③で合わせる。

抜く比率は、2:1:2(1)が良いそうですflair

早速実行してみたら、これが結構合ってるheart04

あとは、楽器の個性や吹き手によって、

抜く割合が変わってくるそうなので、

色々試してみないといけないそうです。

無知って本当に恐ろしいですね( ̄◆ ̄;)

これでぐっすり寝れる・・・sleepy

|

« 吹奏楽団・見学 | トップページ | 吹けるのかな・・・ »

吹奏楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吹奏楽団・見学 | トップページ | 吹けるのかな・・・ »