« クランポンのグリーンライン(GL)について | トップページ | ニッカウヰスキー蒸留所・宮城峡 »

2008年10月28日 (火)

個人練習の大切さ

こんにちはsun

両目が乾燥して痛いJ&Mですweep

今日はクラリネットのパート練習でしたnotes

6人と少なかったので、

前半は個人練習、後半はパート合奏でした。

個人練習って、自分と向き合える貴重な時間なので、

J&Mは大好きなんですheart04

全体合奏ばかりしてると、

吹けてる錯覚に陥り易いのですが、

個人練習してみると、

「あれっ、こんなに音がバラついてたの?」

って箇所が必ず出てきます(゚ー゚;

そこに向き合って練習するかしないかで、

伸びる人と伸びない人に分かれるんじゃないかなぁとJ&Mは思うcatface

J&Mは、“自分が吹けない”ってことがすごく悔しいので、

納得がいくまで練習する(したい)タイプ(`Д´)

他の人に負けたくないっていうよりも、

“自分に負けたくない!自分が吹けないなんて許せない!”

と、自分自身と戦っております(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.

今日の課題は、高音のタンギング。

同じ立ち上がりで、同じ音色で、同じ音量で吹けるように、

タンギングの練習!

あと、楽器を変えてから、

レバーの位置が前の楽器と微妙に違うので、

触れてはいけない時にほんの少し触れてしまう・・・。

特に上管の横についてるレバー群が危険地帯bomb

コレに触れてしまうと、「ギャッ!」って変な音が鳴るんですよ・・・down

だから、絶対にやってはいけないことなんですよね。

「新しい楽器にしてから、

たまに「ギャッ!」って音がするけど、なんでかなぁ?」

って疑問に思ってたんですが、今日ようやくわかりました( ̄○ ̄;)!

早く今の楽器に慣れたいので、たくさん練習しなくっちゃ!

|

« クランポンのグリーンライン(GL)について | トップページ | ニッカウヰスキー蒸留所・宮城峡 »

吹奏楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クランポンのグリーンライン(GL)について | トップページ | ニッカウヰスキー蒸留所・宮城峡 »